メラトニンの長期服用の副作用で悪夢を見るらしい

メラトニンは睡眠に関係するホルモンですが、アメリカではサプリメントもあります。
日本ではメラトニン自体が認可されていないのでサプリメントは販売されていませんが、
海外出張が多い人などは時差ボケ対策として海外で買っている人も多いようです。
またメラトニンには抗酸化作用があるのでアンチエイジングのためのサプリとして
海外から個人輸入している女性も多いそうです。
そんなメラトニンですが、長期服用で副作用があるとも言われています。
普通サプリメントと言えば国内で販売されているものでもそうですが、
基本的に副作用はないのが普通です。その分効果も疑わしいのですが・・・。
なのでメラトニンもあくまでサプリメントなので副作用はないと言われていましたが
最近はメラトニンの副作用が起きているのではないかという報告が増えているそうです。
例えば代表的なメラトニンの副作用としては、悪夢や低血圧、生殖機能の退化などがあります。
また睡眠薬のように長期服用することによって不眠症が改善できたとしても
リバウンドのような現象が起こると訴える専門家もいます。
中にはレアな副作用も報告されているので服用する時は注意が必要です。
とは言っても、メラトニンを長期服用した場合という実験データが十分にあるわけでもなく
医薬品でもないのでハッキリとした副作用に関しては現時点ではまだわからないのが
本当のところみたいですね。

PR:メラトニンサプリの通販でおすすめは?