大学入試の参考書は買取り店で売れるの?

大学受験をすると、赤本やら予備校のテキストやら参考書がたくさんになりますよね。
でも正直大学入試に必要な参考書って受験が終わったら用無しになります。

わざわざ大学に入ってから大学入試の勉強をする人はいないでしょう。
で、皆さん大学入試で使った参考書をどうしているか?というと、そのままゴミとして捨ててしまったり、友達や後輩にあげてしまう人がほとんどなんだそうです。

まあ人にあげるのはまだわかりますが、捨てるのは凄い勿体ないんですよね。
なぜなら大学入試の参考書は結構高値で買取してもらえるからです。

ただどの古本屋で売っても高値で買取しているわけではありません。
大学入試の参考書などを専門に扱っている買取店に売らないといけません。

確かにブックオフとか街の古本屋さんでも大学入試の参考書の買取りを行っているお店はあるかもしれませんが、他の漫画や書籍などなんでも扱っているような古本屋さんに参考書を持って行っても査定はあまり高くはありません。

ましてや参考書やテキストの類の本は結構書き込みなどをしている場合も多いので本の状態によって買取り額を決めるブックオフのような店舗では高値が付きません。

大学入試の参考書を売る場合は参考書や赤本、専門書を主に扱っている買取店に売るのが圧倒的におすすめです。

まとめ買いもしてくれますし、使い古した予備校のテキストでも売れます。
しかも結構高値が付くので受験が終わったら売ってしまうのがおすすめです。

関連記事:【書き込みOK】参考書・赤本を売るのにおすすめ!宅配買取りサービス5選